歳末特別警戒スペシャル

提供: 踊る大捜査線Wiki
移動: 案内検索

踊る大捜査線 「歳末特別警戒スペシャル」は、1997年12月30日(火)放送。 平均視聴率25.4%。

あらすじ

歳末独特の喧噪の中で和久が指導員として、室井に偶然発見された青島が湾岸署に復帰した。

刑事課に配属されるものと思っていた青島の思いと裏腹に、交通課に配属が決まる。

駐車違反の取り締まりをしているさなか、小学校で傷害事件が起こった。現場へ向かう真下たちのクルマを見つけた青島は自分の仕事を放棄してそれを追う。

今度はそこで殺人事件の無線連絡が入るが、一人残された青島は教師から事情聴取を行う。

署に戻ると勝手な行動を叱咤され警務課にまわされる青島だが、そこでも仕事を放棄して傷害事件の調査を続ける青島。警務課から生活安全課にまわされる。

そこで殺人犯である鏡に会うが、それを知らない青島は傷害事件の犯人として捕まえる。

しかしそんな勝手な行動に生活安全課もクビになり、地域課に。

ピーポー君を着ての歳末特別警戒のキャンペーン中に室井と再び対面。「無駄なことも必要なんです」と力説するが、やはり刑事課に戻りたい青島。 そこから署に戻ると、鏡が猟銃を持って立て籠もっていた。

新任の管理官新城も加わるが事態は解決しない。その最中に鏡が殺人犯であることが判明し、一同一層泡めきたつ。

キレかけた鏡が銃口をすみれに向けたとき、その間に立ち矛先を自分にかえる青島。「お前は刑事課ではないだろう」と叱咤する新城だったが、人質になっている袴田は「私の部下をバカにしないでいただきたい!」と言い気絶する。

その一瞬をついて格闘になる。しかし取り押さえることが出来ずついに青島の頭に銃口が突きつけられたその時、真下の通報により派遣されたSATが突入。

無事鏡は取り押さえられた。

その後正式に刑事課への復帰が決まった青島に、ようやく一同は「おかえりなさい」と迎えたのであった。


配役リスト

レギュラー出演者

ゲスト出演者

本話の豆知識

  • 青島の配属部署は順に、交通課→警務課→生活安全課→地域課→刑事課。

最後、新城の「お前は刑事じゃないだろ。どこの課だ」という恫喝に袴田が「青島君は刑事課です」と応えて、無事刑事課への復帰が確定した。

  • 本話より、青島のお守りがキーアイテムでなくなる。
  • 同じシーンでも、オンエア版とビデオ版でカット割りが違う箇所が多数ある。

参考文献